スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

長月

9月になった途端にたくさんの仕事が怒涛のように流れ込んできました。
そして気がつけば、今日は30日。
本当にあっ!という間の一ヶ月でした。
今月はたくさんのデザインと、制作指図をしました。

そして9月最後の今日、埼玉にある家具工場に行ってきました。
木の色をどうしたら綺麗に見せられるか、突板の素材や制作工程を見てきました。
ここにはちょっと書けないような、名だたる場所に家具を納めてきた歴史を持つ
工場でした。
培われてきた技術。
家具の形を綺麗に見せるために、揃えた道具や、妥協しない目、色の感覚。
良いものを作るためには、技を今日よりも明日と更に更に磨かなければ行けないのだと
感じました。

20150930-1.jpg
こちらは昨日の制作指図の一コマ。
綺麗な梵天!
ウールは、やっぱり一番色が綺麗にでます。
なぜなのか?
それはウールがたんぱく質で出来ているから。
ウールのたんぱく質は、多くのアミノ酸が複雑に絡み合いなりたっています。
アミノ酸は染料の染まりを更によくするので、色の発色が更に引き立ちます!
そしてなんと、ウールは20種類の様々なアミノ酸で出来ています。
色が綺麗なのも納得。
また、世界には3000種類の羊がいるので、どの羊を使うかで色も変わってきます。
色好きな私にはたまりません。羊様様です♪


天然の色は、眺めてると幸せな気持ちにしてくれます。
シルクも本当に綺麗。次は日本のシルクとタイシルクについて語りたいと思います。

明日から10月。
そして岐阜に出張です!
どんな技が見れるか、楽しみ〜〜。

スポンサーサイト

2015.09.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | つれづれなるままに

«  | ホーム |  »

プロフィール

KATSUKIYUKO

Author:KATSUKIYUKO

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。